今度はスペインでテロ発生、110人以上死傷か!?【海外の反応】

スペインでテロが発生、死傷者の数は110人超えか!?

バルセロナでテロ 110人以上が死傷 男2人拘束

スペイン第2の都市バルセロナで日本時間の18日未明、観光客でにぎわう中心部の通りに車が突っ込み、13人が死亡、100人以上がけがをしました。警察はテロ事件と断定して事件に関与したと見られる男2人を拘束するとともに、車を運転していた人物が依然、逃げているとして行方を捜査しています。
スペイン北東部のバルセロナで17日夕方(日本時間18日午前0時ごろ)、中心部にあるカタルーニャ広場の近くで車が人混みに突っ込みました。

現地の警察は、これまでに13人が死亡し、100人以上がけがをしたことを明らかにしました。

地元メディアは、車は観光客などでにぎわうランブラス通りを500メートル以上、暴走したと伝えていて、警察によりますと車を運転していた男はその場から逃げたということです。

警察は事件について不特定多数の人たちを狙ったテロ事件と断定したうえで、事件に関わったと見られる男2人の身柄を拘束し、調べていることを明らかにしました。

警察によりますと、この事件より前、バルセロナから南西に200キロほど離れた場所で建物が爆発し、1人が死亡していて、拘束された2人はこの爆発にも関与した疑いが持たれています。

警察によりますと、車を運転していた人物は依然逃げているということで、警察は行方を捜査しています。バルセロナにある日本総領事館によりますと、これまでのところ日本人が事件に巻き込まれたという情報は入っていないということです。

車は500メートル暴走か

ヨーロッパの複数のメディアによりますと、歩行者を次々とはねたのは白いワゴン車で、観光客などで混み合うランブラス通りをおよそ500メートルにわたって暴走したと伝えています。

それによりますと、ワゴン車はカタルーニャ広場の近くからランブラス通りの歩行者専用の道路に入り、そのまま次々に歩行者をはねながら通りを暴走したということです。

ワゴン車は、500メートルほど走ったところで、新聞などを販売する売店にぶつかって停車したということです。

また、イギリスの新聞「テレグラフ」は、警察の話として、犯行に使われた車はレンタカーだったとしたうえで、ことし6月にロンドン中心部で起きたテロ事件でもレンタカーが使われ、今回の事件の犯人らがその犯行をまねた可能性もあると指摘しています。

「見るに堪えない光景」

事件が発生した当時現場近くのレストランにいたという女性は「警察官に突然、店を閉めるように言われ、テラスにいた客はパニックになりながら屋内に避難しました。店の扉を閉め切って中で待ちましたが、何が起きたのかわからず、テレビを見て起きていることを知りました」と興奮した様子で話していました。

同じく現場近くにいたという男性は「大勢の人の悲鳴が聞こえ、直後に車が通りを走っていくのが見えました。大勢の人たちが通りに沿って倒れていて見るに堪えない光景でした」と話していました。
IS系メディア「実行したのはISの戦士」
過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディアのアマーク通信は「攻撃を実行したのはISの戦士だ」と伝え、ISによる犯行だと主張しました。

そのうえで犯行の理由については、ISと戦う有志連合の参加国を狙えというISの呼びかけに応じたものだと説明しています。

一方、スペインの当局はこれまでのところ、今回の事件とISとの関係について、明らかにしていません。

スペイン首相「犯人の拘束に全力」

テロ事件を受けてスペインのラホイ首相はツイッターを更新し、「テロリストたちは、残虐な行為をものともしない自由を愛する連帯した人々を打ち負かすことは決してできない」として、テロに屈しない姿勢を示したうえで、「犯人の拘束と被害者の手当てに全力を尽くしている」と強調しました。
日本総領事館が安全確保呼びかけ
バルセロナにある日本総領事館によりますと、日本時間の午前8時現在、日本人が被害にあったという情報は入っていないということです。日本総領事館によりますと、バルセロナにはおよそ1800人の日本人が住んでいるほか、この時期には例年、大勢の日本人が観光に訪れるということで、引き続き、情報収集を行っているということです。

日本総領事館は、現地にいる日本人に対してツイッターで安全を確保するよう呼びかけているほか、安全情報をメールで受け取ることができるサービスに登録している旅行者などに対して現場付近へは近寄らないことや、日本人の負傷者などについての情報がある場合は、総領事館まで連絡するよう呼びかけています。

車使ったテロ 欧州で相次ぐ

ヨーロッパでは、車で無差別に人をはねるテロ事件が相次いでいます。

去年7月には、フランス南部のニースで、チュニジア人の男が大型トラックを暴走させて花火を見物していた群衆に突っ込み、15人の子どもを含む86人が死亡しました。

去年12月には、ドイツの首都ベルリンの中心部でクリスマス用の買い物客でにぎわう市場に大型トラックが突っ込んで12人が死亡しました。

ことしに入ってからは、3月、イギリス・ロンドン中心部のテムズ川にかかる橋で車が歩行者を次々とはねたあと、車を降りた男が警察官をナイフで襲い、合わせて5人が死亡しました。

さらに6月には、ロンドン中心部の別の橋で、車が突然暴走して歩行者を次々とはねて8人が死亡するなど、ヨーロッパの主要都市の中心部で車を使ったテロ事件が相次いでいます。

バルセロナでテロ 110人以上が死傷 男2人拘束

4354A7E100000578-4799836-image-a-73_1502987761149

4357089900000578-4799836-image-a-42_1503006090261

(容疑者の写真↓)
4355237F00000578-4799836-image-m-21_1502998256551

4354F16000000578-4799836-image-m-23_1502998269820

ニュース動画


URL https://www.youtube.com/watch?v=DgO_qsuKRNA
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4799836/People-hurt-van-crashes-pedestrians-Barcelona.html
https://www.yahoo.com/news/barcelona-lorry-crash-truck-ploughs-pedestrians-city-centre-152356629.html
以下海外の反応↓

・またテロによる犠牲者が出てしまった・・・。

・もうヨーロッパは終わってるな・・・。

・我々は本当に恐ろしい時代を生きてると感じるわ。

・ISISの連中って本当に臆病者だよな。
無実の人達を殺すことしか出来ないんだからさ。

・このようなテロを防ぐ方法はないのだろうか?

・テロを防ぐにはイスラム教徒を追い出すか、隔離するしかないよ。
それをやらなきゃこれからもテロは起こり続けるだろう。

・ヨーロッパは国境を開いて、移民や難民を受け入れまくった時点で終わってたんだよ。
現在のヨーロッパはそんな愚か者達のせいで、その代償を血で払うしかない状況になってしまっている。

・リベラル派の連中はいつになったら自分達の間違いに気付くのかね?

・左派の連中はネオナチがこれをやったらは大激怒するのに、イスラム教徒がやってた場合にはスルーする。クソだろ。

・リベラル左翼「白人至上主義者は絶対に許せない!撲滅しなくては!」

一方イスラム教徒によるテロについては↓

 リベラル左翼「全てのイスラム教徒が悪い訳ではない!」

・↑大半の人達はどっちにも怒ってるけどな。

・メディアと左派の連中は、全てのイスラム教徒が悪い人達ばかりではないと繰り返してるよね。
正直アホだと思う。

・99%のイスラム教徒がまともでも、1%がテロをやるだけでイメージが台無しになるんだよな。

・イスラム教徒によるヨーロッパの破壊がどんどん進行してるな。

・アメリカのリベラル派もこんなテロが起きてるのに難民を歓迎しようとしてる。
頭が狂ってるとしか思えないよな。

・↑それはカナダのリベラル派も同じだよ。

・一体いつになったらテロが止まるの?

・テロは今後も起こり続けるよ。
イスラム教徒がいる限り永遠にね。

・なぜポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキアは移民や難民を拒絶して受け入れていないのか分かるか?
その結果テロが起きてないんだよ。

・正直これならブラジルの方がまだヨーロッパより安全だと思うね。

・↑ブラジルが安全って(笑)

(ブラジルはかなり治安が悪いことで有名で、年間殺人件数は:50500件程、1日に138件程の殺人事件が起きてるそうです。ちなみに日本の殺人件数は年間1000件程。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする